MENU

フルウィッグをつけてみた感想と、保管方法についての後悔

カツラ8
5年前、初めてフルウィッグを購入しました。仕事の関係で髪の毛をばっさりとベリーショートにしなければならない事があったのですが、自分の顔の形に全く似合わなかったので、フルウィッグの購入に至りました。
購入したフルウィッグは旨より下まであるスーパーロングで、カラーはアッシュ系で黄色みのある、ほんのり茶色い色でした。若干パーマがかかったようなニュアンスで、自分でコテで巻いたような自然な形でした。

 

最初はお店の人に装着方法を教えてもらったのですが、試着してかなり驚きました。つむじがあるのでとても自然で、紙質も化繊には見えない自然なツヤがあったので、地毛にしか見えませんでした。すぐに気に入ったので、自分の顔に合わせて前髪の長さをカットして調節してもらい、装着したままお会計をしてお店を出ました。
フルウィッグそのものは気に入ったのですが、後日いくつかのトラブルが発生しました。お店の人に装着してもらった時はとても自然だったのに、自分で装着してみると、意外と不自然になってしまうのです。内側に大きさを調節するアじゃスターが付いているのですが、大きさを最大にしても自分の頭に合っていないようでした。また、装着に慣れていないせいでウィッグが左右にずれてしまって、余計に不自然な感じになってしまいました。

 

もうひとつのトラブルは、保管方法です。専用のネットに入れていたので髪の毛が絡まることはなかったのですが、それを袋に入れて置いていたら形が崩れてしまいました。本当は美容室にあるような頭の形のスタンドにかぶせておくのがベストだと思うのですが、そんなものは家に置いていないので、普通に棚に置いていたら、かぶった時に違和感のある形になってしまいました。せっかく高いお金を払って購入したのに、もったいないことをしてしまったと後悔しています。